猫の病気

ロシアンブルーにいつまでも元気で長生きしてもらうためには、病気にかかるリスクを少しでも減らすことが重要です。
そのために人間の子どもと同じように、予防接種を受けることが推奨されています。
近年、猫の予防接種開発は随分と進んでおり、この予防接種を受けることで病気にかかるリスクを大幅に軽減させることが可能です。
現在用意されている猫の予防接種は以下の6種類あります。

猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症、猫エイズウイルス感染症、
猫白血病ウイルス感染症・猫クラミジア感染症です。

この中で必ずしておいた方が良いのが、
ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症の三種混合ワクチンです。

病気の症状

猫ウイルス性鼻気管炎というのは猫の鼻風邪で、猫インフルエンザとか猫コリーザとも言われています。
原因となるウイルスは猫ヘルペスウイルス1型と呼ばれるもので、接触感染でうつります。
具体的には、くしゃみによって飛び散ったツバがかかったり、グルーミングで感染したり、食器の共有などで感染したりするのです。

症状としては食欲不振、くしゃみ、咳、鼻水、発熱などで、弱い猫の場合肺炎を併発して死に至ることもありますが、
通常は2週間以内で自然治癒していきます。
猫カリシウイルス感染症は猫のインフルエンザで、キャリアの猫の咳などで空気感染します。
特に感染しやすいのは母猫からの免疫力が弱まってくる2、3ヶ月前後からで、
自己免疫がしっかり出来上がる3歳ころになると、発症しても症状は軽くてすむことが多くなってくるのです。
猫汎白血球減少症は猫ジステンパーや猫伝染性腸炎とも呼ばれています。
この病気の特徴はとても致死率が高いということと、しかも伝染力も高いのでやっかいです。
原因となるのは猫汎白血球減少症ウイルスで、経口感染でうつります。
猫汎白血球減少症ウイルスに感染すると、心不全や敗血症を引き起こし、死に至ることも多いです。

猫が感染しやすいこの3種の混合予防接種はぜひ受けたいものです。
4種混合になるとこれに猫白血病ウイルス感染症があり、5種混合になると、これに猫クラミジア感染症が加わります。
7種混合になると、猫カリシウイルス感染症の予防接種が3種類になります。
猫白血病ウイルス感染症の予防接種を受けたい場合は、単体での摂取となりますね。
では予防接種の時期に関しては、通常母猫から受け継いだ免疫が無くなってしまう頃が良いとされています。
免疫が無くなるのは生後2ヶ月位ですので、その頃に予防接種を受けるのがベストです。

予防接種をうけるタイミング

予防接種は2回する必要があり、2回目は3週間後に行います。
ペットショップなどで販売されている猫は、1回目の予防接種を摂取していることも多いので確認しましょう。
もし1回目を打っていたら、購入後は2回目の予防接種を行うことになります。
ただし、健康が優れないときには予防接種を受けることができません。
なんとなく元気がないなーと思ったら、元気になるまで待ちましょう。
予防接種の費用は3種混合で4500円前後になっています。