ロシアンブルーに会えるカフェ

Posted On 7月 18, 2019 at 5:35 am by / 「猫喫茶 空陸家」とは はコメントを受け付けていません。

まるで我が家にいるようなくつろぎを覚える猫喫茶「空陸家」

猫といえば癒やし効果満点のペット。
犬など他のペットにはない、独特の安らぎを与えてくれる猫のファンは多いはず。
でも家では猫が飼えないというのであれば、猫喫茶に行ってぞんぶんにストレスを癒やしてもらいましょう。

猫喫茶はあちこちかなり増えてきましたが、そんな中でも特におすすめなのが「猫喫茶 空陸家」です。
この猫喫茶は東京だけでも池袋・下北沢・自由が丘・武蔵小山・新宿・赤坂・新小岩・渋谷・高円寺・吉祥寺・大久保・秋葉原・浅草に店舗を展開しており、大阪や神戸、名古屋、広島などを含めると全国に39店舗ものお店があります。
まるで我が家にいるようにくつろげる、それが空陸家のコンセプトなんですよね。

空陸家は料金もリーズナブル

空陸家の大きなメリットは料金がとってもリーズナブルだということ。
入室料は30分で650円、60分で1,200円、そしてフリータイムでも1,800円です(これに消費税が付きます)。
これなら週に何日か通うこともできますね。

ドリンクの方は空陸家がフリー、空陸家PLUSだと350円(江ノ島は380円〜)かかります。
空陸家PLUSというのはカフェエリアにスタッフが常時待機している店舗のことです。
よりデラックスな雰囲気を楽しみたいのなら空陸家PLUSがおすすめですよ。

FREEのWi-Fiももちろん完備していて、コンセントも解放されているので充電も心置きなくすることができます。
ですからスマホで猫ちゃんの写真をばしばし撮ってクラウドに保存することもその場ですぐにできちゃいます。

空陸家の猫スタッフはみんな毛並みがきれい

空陸家の猫スタッフはみんな手入れが行き届いていて、美猫が多いです。
お目当てのロシアンブルーはもちろんのこと、マンチカンやアメリカンショートヘア、メインクーン、ペルシャ(チンチラ)、スコティッシュフォールド、ベンガル、ノルウェージャンフォレストキャットなどといった猫ちゃんたちとお近づきになれます。
店舗によってはエジプシャンマウやラガマフィンもいるので、ぜひ行って触ってみたいですね。

エジプシャンマウは家猫としては最古の歴史を持つ種類を祖先にしていると言われています。
1953年に当時イタリアに滞在していたロシアの女王がエジプトから取り寄せた数匹の猫を、イタリアの猫と交配させてできたのがエジプシャンマウということです。

一方のラガマフィンは「ボロ服をまとった」「いたずらっ子」などの意味で、白いペルシャ猫から交配でできたラグドールを祖先としています。ちょっと見てみたいですね。
ロシアンブルーにこだわらずに、いろいろな猫を知るのも新しい出会いがあって魅力的です。