ネコラム

Posted On 12月 18, 2018 at 12:00 am by / やみつきレーザーポインター はコメントを受け付けていません。

レーザーポインターの使い方

猫と遊ぶときには猫じゃらしが一般的なおもちゃですが、もう一つとてもおすすめなのがレーザーポインターです。
レーザーポインターはセミナーや大学の講義などでよく使用される、大きな画面で重要な場所を指し示す際に使われます。

レーザーポインターを使うと猫の食いつきが非常によく、赤い光をいつまでも熱心に追いかけてくれます。
これはレーザーポインター特有の赤い光が猫には虫に見えるためで、狩猟本能を刺激されてつい壁や床にむかって飛びついてしまうのです。

猫じゃらしもそうですが、猫は素早く動き不規則に方向を変えるものに対しての反応が鋭く、そうした疑似狩りをすることでストレス解消をすることができます。
レーザーポインターは光に追いついても捕まえることができませんので、猫じゃらしのように猫に掴まれてしまってそれ以上遊べなくなってしまうことがありません。
多頭飼育をしている家なら複数の猫たちで追いかけあいっこをすることができるので、飼い主さんも猫たちとコミュニケーションを密に取ることができます。

猫と一緒に遊ぶ時には、きちんと飼い主さんがレーザーポインターを持ち、猫の眼の前で素早くライトを動かしてあげるようにしましょう。
コツとしては常に素早くライトを動かすのではなく、素早く動かしたらしばらくその場に止まるといったように、静と動をつけることです。

レーザーポインターを使った遊びでは、虫やネズミのような小動物を狩るということを疑似体験させてあげることが大切なので、ぜひなりきって猫たちと遊びましょう。

種類、購入方法

レーザーポインターは通常はオフィス製品であることから、大きな文具店などで取扱されています。
最近ではペット用品店にも置いてくれるようになりましたが、より豊富な種類から選びたいならホームセンターや文房具店を探した方がよいかもしれません。

市販のレーザーポインターは赤と緑の二種類があります。
稀に青色もあるようですが、特にこだわりがなければ何色を使ってもかまいません。

価格帯は安いものなら千円台からで、高いものになると1万円を超えてきます。
価格の違いは細かい機能の付属によるもので、効果なものになると大きさや光り方などをかなり細かく調節可能です。
広いところで使用する時には緑色が適しているとされているのですが、室内で猫用に使うならあまり出力の大きさにはこだわる必要はないでしょう。

遊びに使いやすいのはペンタイプで、細いグリップをしていると感覚的にポインターを動かしやすいというメリットがあります。
安いものだとテレビのリモコンのように大きなものもあるので、実際に握って確かめてから買ったほうがよいでしょう。