愛猫レットとの日常

Posted On 12月 1, 2013 at 10:43 pm by / 猫も夢を見るのだろうか はコメントを受け付けていません。

猫の寝言

レットはいつも寝ているのですが、寝てばかりいて体がだるくならないのかなあと思います。
寝る子はよく育つと言いますから、寝ること自体は悪くないとは思うのですが、
それにしてもどうしてそんなに眠たいの?って思ってしまいます。

そんな眠っているレットの肉球をぷにょぷにょ触るのが好きで、
力が入っていないときの猫の手ってなぜかかわいいんですよ。
足を持ち上げてパッと手を離すとストンと落ちて、全然力が入っていない、
本当に熟睡しているんだなと思ったら「にゃー」と鳴いたんです。

「あれ、起きてたの?」と思ってよく見てみると、起きていなくて、まだ寝ています。
でも、確かにいま「にゃー」って鳴きました。
もしかしたら、これって寝言!?猫も寝言を言うんだ!これは大発見で、
その後も何度も頻繁に「にゃー、にゃー」と寝言を言っているのに気づくようになりました。

人間のように夢を見るのか?

寝言を言うということは、何か夢を見ているということでしょうか。
だって、寝言って普通夢を見ているときに言うもので、夢の中での会話が寝言になって出てくるということです。
ちょっと気になったので、夢について調べてみました。
そもそも何故私達は夢を見るのでしょう?夢というのは、眠りが浅いときに見るようです。
これはレム睡眠と言うそうで、眠りが浅いというのは、
体が休まっているけれども脳が起きているような状態で、そのようなときに夢を見やすくなるのだそうです。

ということは猫はいつも寝ていますが、その眠りは浅いことが多いということなのかもしれません。
また夢というのは、普段あまり意識していない潜在意識が働いていると言われていて、
だから、あまり意識していないような夢を見てしまうことがよくあるようです。
なんであんな夢を見たのだろうと思うことってあります。

どんな夢を見ているのだろう

また、ストレスや悩みが原因で夢を見ることも多いようで、レットもストレスを抱えているのかなあ・・・。
ストレスを抱えているようには見えないのですが、それはともかく面白いので寝言をよく聞いていると、
「ニャニャニャ!」と短く連発したり、「ミュ~ン」と甘えたような鳴き声だったり、
「ニャ~、ニャ~」とつぶやくような鳴き声だったりと、いろいろなパターンがあります。

やはり見ている内容によって鳴き声も変わるのでしょう。
夢の中でお母さん猫のことを思い出しているのでしょうか。
まだ小さいのにお母さん猫から離されて我が家にやってきたのだよなと思うと、ちょっとかわいそうになってきます。

「レット、いまどんな夢を見ているの?」「お母さんのこと?」「
それとも、わたしと遊んでいることかなあ?」「あるいは、おいしいお魚のことかも」いろいろ考えていたら目が覚めたようです。
「ファ~」と大きなあくびをしながら、のびのびとしているひょうきんな姿を見たら、
それほど心配はいらないかなと思えました。
きっと猫は人間のように過去を引きずること無く、今目の前にあることだけを見て生きているのでしょう。