愛猫レットとの日常

Posted On 2月 17, 2015 at 4:06 pm by / 猫の譲渡会 はコメントを受け付けていません。

最近関心を持っているのが譲渡会

最近私が興味を持っているのが、「譲渡会」というものです。
猫好きとして、これは絶対に記事にしたいと思っていました。
うちのレットはペットショップで買ってきた猫です。
もちろんレットを迎えたことに後悔はないし、今後も大切に飼うという気持ちに嘘はありません。でも、私は今後もう一匹猫を飼うとしたら、この譲渡会で猫を飼おうと思っています。
この譲渡会について、皆さんに知ってほしくて、これから記事を書きます。

捨てられた猫や犬を拾って

とても残念なことですが、この時代になっても捨て猫や捨て犬が絶えません…。
とくに猫は、春になると毎年子猫が捨てられるそうです。
子猫って、見ているだけでもこんなに可愛いのになぜ捨てるのか理解できないのですが、世の中には「動物を飼っていたのに、いらなくなったから捨てる」というとんでもない人がいるそうで…。
また、避妊手術をしないまま自宅の猫を外に出して、結果として猫が妊娠・出産してしまうケースもあるそうです。家猫だと、栄養状態がすごくいいですから子猫を5~6匹産むこともあります。
これを育て切れないと、捨ててしまうことがあるって…
正直、人間がいちばん動物を苦しめていると思います。こんな現実、酷い…。
そこで、そういう猫たちをボランティア団体が拾って、綺麗にしてご飯を食べさせて、避妊手術をするところまでしっかりとおこなって猫の譲渡を行うそうです。
それが譲渡会。譲渡会にはたくさんの猫たちがきて、新しい里親になってくれる人を待っているそう。
私も何度かいったことがあるのですが、子猫から成猫までたくさんの猫たちがいて、それをたくさんのお客さんがみていました。毎回何匹かはちゃんと引き取り手が見つかるそうなので、今後もたくさんの猫たちが救われることを祈ります。

それにしても、嫌な話ですね。
本来であれば動物を助けなければならない人間が、この様な酷い仕打ちを動物にしているなんて、もう本当にがっかりです。こういうことをする人間にだけはなりたくないし、絶対にお友達にもなりたくないです。
中には、本当に酷い状態で見つかって、病院で何日も点滴を受ける猫もいるとか…。
それならまだいい方で、中には本当に命にかかわるような状態になっていることも。
そんな状況なのに、捨てられるって…。私には考えられません。本当に嫌な話を聞きました。
今後も譲渡会を応援していきます。