愛猫レットとの日常

Posted On 1月 28, 2016 at 7:15 pm by / 猫用のこたつが1000円で作れるらしいのでつくってみた はコメントを受け付けていません。

猫用のこたつについて

猫はこたつで丸くなる♪という童謡にもあるように、日本の冬といえばこたつ。
こたつといえば、寒がりの猫が大好きな暖房器具です。
人間だって大好きなこたつ。
猫が嫌いなわけはありません。

でも人間が使うこたつは、猫にとっては体に良くないといわれています。
こたつの中が熱すぎて猫がぐったりしてしまうことがありますし、こたつの中は空気が乾燥するので結膜炎やドライアイになりやすいので注意が必要です。

そこで、猫ブログなどで有名なうだまさんが、100均ショップの商品を使って、猫用のこたつを手作りした様子をブログで紹介。
インターネットで話題になりました。

うだまさん考案の猫用こたつは、飼い主が留守中でも猫が安全に利用できるように、電気は一切使いません。
なんと熱源は、猫の体温のみ!
このコロンブスの卵的な発想がすばらしいですね。
猫は体温が高いので、それでも十分に暖かそうですし……。

私もうだまさんのブログを参考に、猫用こたつを作ってみました。
こたつの組み立ては意外と簡単です。

(参考サイト)
猫用コタツを作ってみた

猫用のこたつの作り方

材料は100均ショップでそろいます。
足になるような木の台……4本。
すのこ……1つ
こたつ布団につかうフリースなどの布……1枚。
天板代わりのミニマット……1枚。
木工用ボンド

これだけあればOKです。
でも、こたつ用布団をかわいいものにするなら、ちょっとお高めの布やフリースを購入してもいいですね。

作り方ですが、まずこたつの足となる木の台にすのこをのせて木工ボンドで接着し、土台を作ります。
約一日置いて、接着剤をしっかりと乾燥させたら、こたつ用のふとんになる布をかぶせ、さらに天板代わりのミニマットを乗せたら完成です。

布に凝ると、おしゃれな雰囲気に仕上がります!

いろいろある手作り猫用のこたつ

このほかにもダンボールを土台にする、小さなテーブルに毛布をかぶせ、その上に座布団を載せるなど、工夫を凝らして猫用のこたつを手作りしている飼い主さんが大勢いらっしゃいます。

猫用のこたつを手作りするときは、猫の安全を第一に考えて作ることが大切です。
猫がこたつを引っかいても安全なように、針金などの金属の素材はなるべく使わないなど、材料にも気をつけましょう。

猫は狭いところが大好きですから、たとえ電源が入らなくても猫用こたつは気に入ってくれるはず。

しかし、いくら簡単にできるとはいっても、不器用なので手作りは苦手という人は、通販で猫用のこたつを手に入れてはいかがですか。

猫専用のこたつが販売されており、猫グッズでも大人気となっています。
猫にやさしいように、赤外線ランプを使用せず、温度設定も低め。
ミニサイズの本格的なこたつです。
ただし、こたつ本体、布団、こたつ用マットを一式そろえると1万円以上の出費になりますが……。

本格的な猫用こたつ以外にも、こたつ布団を使わずに遠赤外線ヒーターで温めるものなど、さまざまな猫用暖房器具が販売されています。