おすすめ猫ブログ

Posted On 7月 27, 2016 at 12:00 am by / 本日も猫日和 はコメントを受け付けていません。

ロシアンブルーとデボンレックスの愉快な生活

「本日も猫日和」はロシアンブルーとデボンレックスの二匹の猫との生活を伝えてくれるブログです。

ロシアンブルーの名前はアズキ、デボンレックスはちまきということで、二匹の性格がまったく違った猫との交流がとてもおもしろいポイントになっています。

ロシアンブルーのアズキは2016年4月25日でちょうど5歳になったばかりということで、まだまだ若くて活発な様子がブログから伝わってきます。

ブログ主さんが伝えるところではアズキは人の気持ちがよくわかる、温厚で賢い猫ということです。

ロシアンブルーを飼ったことがある人ならわかると思いますが、ロシアンブルーは「犬のような猫」と言われることもあるくらいに人に忠実な性格をしているんですよね。

全部のロシアンブルーがそうだとは言いませんが、うちのレットも年をとってくるに従ってどんどんおりこうさんになっていくようで、時々「この子本当は全部わかってるんじゃない?」と思うこともあったりします。

うちのレットのことはされおき、こちら「本日も猫日和」さんのアズキは写真で見てもわかるようにかなり理知的な顔をしており、相棒のちまきとも仲良く暮らしている様子が映されています。

誕生日プレゼントとして飼い主さんからもらった新しいジェラートピケの毛布も気に入ったようで優雅に寝転んでいる写真があります。

デボンレックスもなかなか捨てがたい

「本日も猫日和」ではロシアンブルーとデボンレックスという二匹が主役になっています。

私自身デボンレックスという猫について名前は知っていたのですが実際に飼っている人が近くにいないのでどういった猫なんだろうとかなり興味を持っているところです。

ちょっと説明をすると「デボンレックス」は「プードルキャット」と言われることもあるそうで、大人気の犬種トイプードルによく似た性格をしていると言われます。

簡単に言うと好奇心が強くて遊ぶのが好き、感情がすぐに表に出るという特徴です。

悪く言うと「アホかわいい」ということになるのかもしれませんが、普段猫は飼っていても適度に距離感をとってきたりするので、感情をストレートに見せてくれる猫というのは長年の猫好きの憧れ的存在かもしれません。

ちなみにデボンレックスは嬉しいと尻尾を振るというかなり珍しい性質を持っている猫ということらしく、私自身かなり興味を持ち始めているところです。

賢くてほとんど鳴き声を出さないサイレントキャットのロシアンブルーとは本当に対比的な存在ですね。

その辺りもブログ主さんの選猫のセンスを感じるところです。

留守番しすぎで具合が悪くなった?

「本日も猫日和」の記事でちょっと気になったポイントとして、アズキとちまきのどちらかよくわからないけれども吐いたあとがあったということです。

病院で見てもらったところ特に病気は見つからなかったものの、「留守番が長くなりすぎて具合が悪くなった」のではないかと言われたそうです。

猫も飼い主さんがいなくなると寂しくなってストレスを募らせるとは聞きますが、吐くほどつらいことなんですね。