ペットの為の保険

人間に健康保険があるように、ペットにもペット保険というのがあります。
ペット保険に加入すれば、万一猫が病気になったりケガをしたりしても、動物病院での治療費の一部を負担してくれます。
保険に加入していないと、一回の治療費が数万円にもなる場合があるので大変です。
治療費が払えないからと、病気になっても病院に行けない飼い主もいることでしょう。
いざというときのためにペット保険に加入しておくと安心です。
ペット保険を扱っている保険会社には、小額短期保険会社と損害保険会社との二つのタイプがあります。

前者は少額の短期保険契約のみを行なっており、アイペット、日本アニマル倶楽部、
ペット&ファミリー少額短期保険などがあります。
また後者は損害保険契約者保護機構に加入しなければなりませんが、
万一保険会社が破綻した場合に預け入れていた保険金が補償されるのです。
損害保険会社にはアニコム損害保険とアリアンツ火災海上保険があります。

加入条件がある

ペット保険にはそれぞれ加入条件があります。
主だったものをあげてみますと、まず年齢制限があるのです。
アニコム損害保険は10歳11ヶ月未満、日本アニマル倶楽部は満11歳未満、アイペットで満12歳未満、
最も加入年齢制限が厳しいのはペットメディカルサポートの8歳11ヶ月未満です。

2つ目に加入の際に健康診断が必要な場合があります。
アクサダイレクトや日本アニマル倶楽部では満9歳以上の場合に健康診断が必要です。
またアニコム損害保険では満6歳以上の場合に健康診断が必要です。
それに対し、アイペットやペットメディカルサポートでは健康診断は必要ありません。
また、ペット健康に加入する際に、病歴や健康状態の告知義務があります。
その告知内容によっては、ペット保険に加入できない場合もあります。
補償内容は、通常の怪我や病気の診療費を補償してくれたり、ガンや手術に対応しているペット保険もありますよ。

おすすめのペット保険

そして私がオススメしたいPS保険は、
2012年オリコン顧客満足度ランキング総合第1位のペット保険で
インターネット販売をしているため、保険料が割安です。

★ペット保険の「PS保険」★

PS保険https://pshoken.co.jp/
補償の割合も50パーセント、70パーセント、そして100パーセントとなっていますのでホームページで調べてみてください。補償の割合は保険会社のプランによって違いますが、診療費の3割負担や半額負担、全額負担してくれるプランもあります。しかし逆に補償対象外となるケースもあるので注意が必要です。たとえば、同居の家族の過失によってケガをした場合や自然災害によるケガは補償されないことがあります。また、
ワクチン接種をしなかったためにウイルス性の病気にかかった場合も
保証対象外になる場合がありますね。

その他にも、不妊や去勢の手術やワクチン注射なども補償対象外になりますのでよく確認する必要があるでしょう。
ところで、ペット保険には待機期間と呼ばれるものがあります。
これは保険に加入しても、実際に保険が適用されるまでに定められた一定の期間です。
これは重病が発見されたからといってペット保険に加入することができないようにするためです。
待機期間は保険会社によって違いますが、2週間~1ヶ月程度になります。
保険料に関しては、保険会社によってまたそのプランによって違ってきますが、猫の種類によって違うということはありません。
ただ、年齢が高くなると、その分保険料は高くなります。
どのペット保険に加入したら良いか迷う方は、ネットのペット保険比較サイトなどを参考にすると良いでしょう。